history

2022-2015

2022年10月 短編ミュージカル集『YOKOHAMA Short Stories』上演(横浜元町クリフサイド)

2021年 プリビス撮影開始。
2021年11月 イマーシブシアター『Ukiyo Hotel Bar』上演(横浜元町クリフサイド)

2020年 コロナ禍により『ウキヨホテル』上演中止。
内容の改訂をおこない、日本を代表する映画美術監督・種田陽平とともに
18ページにわたる美術プランを制作。

2019年5月 トライアウト公演『ウキヨホテル』上演
(出演:野田久美子、関谷春子、菊地創、田中惇之 ほか ラゾーナ川崎プラザソル)
大正時代「ウキヨホテルのクイーン」ハマコと「野望に燃える男」クラタ。
そしてふたりのあいだで揺れ動く女中のヤエを中心に、
虚々実々を織り交ぜながら、
スリーピースバンドの生演奏に乗せて上演。

2018年 長編ミュージカル『ウキヨホテル』上演を目的とした
「ウキヨホテルプロジェクト」発足。
代表・河田唱子。

2018年7月 『朗読劇 ウキヨホテル』上演
(主演:谷口あかり 渋谷 サラヴァ東京)
「ハマコ」と女中の「ヤエ」を中心に、性愛と愛憎を描く4人芝居を、
ピアノとパーカッションの生演奏とともに上演。

2017年7月 『日本国 横浜 お浜様』上演
(主演:木内栞・安島萌 神奈川県立青少年センターホール)
横浜本牧に存在した「チャブ屋」と「メリケンお浜」に題材をとる。
横浜大空襲で消失してしまった、闇に葬られつつある歴史を、
現代を生きる女子高生たちの葛藤と絡めながら、描き出す。

2015年7月 『天麩羅男と茶舞屋女』上演
(神奈川県立青少年センター多目的プラザ)
『ウキヨホテル』の登場人物のひとりにスポットを当てた、
スピンオフ作品。

2015年4月 『ウキヨホテル』上演
(出演:anna、野田久美子、武藤寛、大越陽、宮内麻衣 ほか 神奈川県庁本庁舎短編演劇集)
実在した娼婦「メリケンお浜」を題材にした、40分の短編ミュージカル。